« 腕はふらなくていい | トップページ | 膝をいためないためには(2) »

2010年11月24日 (水)

膝をいためないためには(1)

ジョギングで膝をいためないためには、「ちゃんとしたジョギングシューズを履きなさい」と、よく言われます。

確かに、シューズの影響もあると思います。でも、ジョギングシューズさえよければ故障しないわけじゃないんです。

そもそも、なぜ膝をいためるのでしょうか?

ジョギングでは、着地の度に膝に衝撃がかかります。1回や2回なら大丈夫な強さでも、長距離を走り続ければ、それがつもりつもって、ダメージがだんだん大きくなってきます。

膝にダメージを与えすぎないためには、1回あたりの衝撃を弱くするか、回数を減らすかです。

1回あたりの衝撃を弱くするために、衝撃吸収能があるジョギングシューズが役立ちます。でも、筋力があれば脚自体に衝撃を吸収する力ができるので、ダメージはそれほどかからなくなってきます。また、体重が軽ければ衝撃は弱くなります。

それから、大股でぴょんぴょんはねるような走り方に比べると、小刻みに足踏みするような超スロージョギングは、衝撃はかなり弱くなります。必死で速く走るのをやめて、ゆっくりと超スロージョギングをするだけで、膝をいためる危険はずっと少なくなると思います。

回数の問題については、また後ほど。

« 腕はふらなくていい | トップページ | 膝をいためないためには(2) »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/37818951

この記事へのトラックバック一覧です: 膝をいためないためには(1) :

« 腕はふらなくていい | トップページ | 膝をいためないためには(2) »