« 膝をいためないためには(1) | トップページ | 膝をいためないためには(3) »

2010年11月24日 (水)

膝をいためないためには(2)

1回1回は小さな衝撃でも、何回も繰り返すうちに、膝は大きなダメージを受けます。

でも、人間の身体はよくできていて、気がつかないほどの小さいダメージなら、休養すればなおるんです。しかも、小さなダメージをなおす過程で前より少しだけ筋力がついて、ダメージを受けにくくなります。

休養でなおる暇がないほどダメージを繰り返していると、膝がいたくて走れなくなってしまうというわけです。

ですから、膝をいためないためには、上手に休養をとりながら走ることが大切です。

私が走っていると話すと、よく「毎日走るんですか?」と聞かれます。日本人は、ジョギングというと毎朝走るというイメージがあるようですね。確かに、生活習慣の中にジョギングを組み込むのは、悪いことではありません。

でも、毎日走っていると、運動で受けた小さなダメージを身体がなおす暇がありません。

膝をいためたり、そのほかでも故障をおこさないためには、1日おきとか、2日走ったら1日休むとか、ときどき休みを入れたほうがいいんです。アメリカスポーツ医学会の『運動処方の指針』でも、週に2日以上は運動を休むように勧めています。

« 膝をいためないためには(1) | トップページ | 膝をいためないためには(3) »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/37818963

この記事へのトラックバック一覧です: 膝をいためないためには(2):

« 膝をいためないためには(1) | トップページ | 膝をいためないためには(3) »