« 呼吸は自由でいい | トップページ | 寒さ対策には、手袋がお勧め »

2010年11月24日 (水)

マラソンは、根性では走れない

朝ドラの『てっぱん』を見ています。突っ込みどころが多いけど、それがかえって面白いですね。
ただ、昨日(10月21日)の内容は、ちょっとなあと思ってしまいました。

ヒロインが実業団の男子選手・駅伝くんに自分の本気度を伝えるために、根性で練習についていくという話。あれは、どう考えても無理ですよ。どんなに根性があっても、練習していない人がいきなり走ろうとしても、物理的に身体が動きません。まあ、そこはドラマなので、お話として楽しめばいいのでしょうが…。

実際についていけるかどうかは別にして、「長距離走はがんばるもの」と考えている人は多いようです。東京マラソンを見ていても、へろへろになりながらも必 死で走っているのがまじめにがんばっている人で、にこにこして手を振りながら走っているようなのは、不真面目でけしからんと思われることもあるようです ね。

でも、実は逆なんです。

コースの半ばでへろへろになっているようなのは、ちゃんと練習をしてこなかった人です。そして、お気楽そうに走っているのは、何ヶ月か何年かわかりませんが、時間をかけてきちんと練習をしてきた人です。楽そうに見える方が、まじめなんですね。

練習のときでも、がむしゃらに必死で走ると、効果がでないことが多いんです。まずは楽なペースで、のんびり走ることが、とても重要です。

マラソンは、根性を出して苦しんでいても、走れるようになりません。
自分にあったペースで超スロージョギングを続けていれば、走れるようになってきます
楽しんで、にこにこしながら、走り続けましょう。

« 呼吸は自由でいい | トップページ | 寒さ対策には、手袋がお勧め »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/37819379

この記事へのトラックバック一覧です: マラソンは、根性では走れない:

« 呼吸は自由でいい | トップページ | 寒さ対策には、手袋がお勧め »