« つま先着地は、つま先立ちではない | トップページ | マラソンは、根性では走れない »

2010年11月24日 (水)

呼吸は自由でいい

ジョギングやランニングについてよく質問されることがらの1つに、呼吸法があります。

そういえば、私が子どもの頃には、「吸って、吸って、はいて、はいて」と2回ずつ呼吸しなさいと教わったこともありました。

でも、いまは「呼吸は気にせず自由に」というのが一般的です。私は、あちこちのランニング講習会で元オリンピック選手などプロコーチの指導を受けましたが、常に、呼吸は自然にと教わりました。

特に超スロージョギングは、楽しく気楽に走ろうというのですから、呼吸法をむずかしく考える必要は、まったくありません。友達とおしゃべりをしたり、鼻歌を口ずさみながら走るくらいでいいんです。もし、必死で呼吸を整えなければいけなくなるようなら、速すぎます。思い切って速度を落としたほうがいいでしょう。

それでも、万一ちょっと息切れしちゃったかなというときには、あわてて息を吸うよりも、逆に深くはいてみてください。そうすれば新鮮な空気が自然に肺に入ってきます。

« つま先着地は、つま先立ちではない | トップページ | マラソンは、根性では走れない »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/37819364

この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸は自由でいい:

« つま先着地は、つま先立ちではない | トップページ | マラソンは、根性では走れない »