« シューズの選び方(2) | トップページ | つま先着地は、つま先立ちではない »

2010年11月24日 (水)

筋肉痛の予防と対策

超スロージョギングなら、誰でも楽に長い距離を走れます。
「私だって走れるんだ!」と楽しく走っているうちに、ちょっと走りすぎてしまうかもしれません。そんなときのために、筋肉痛の予防と対策を紹介しましょう。

<予防>
まず、走り終わった後は、できるだけ早いうちに、念入りにストレッチをすること。その後、脚が痛くなったりだるくなったりしたときにも、ストレッチを繰り返すといいでしょう。

それから、走り終わったあとはできるだけ早め(30分以内)に、軽い栄養補給と水分補給をしましょう。こわれた筋肉を補修するには、アミノ酸や糖分が必要です。ダイエット目的の場合も、筋肉痛が起こるような運動をした場合は、消費したエネルギーを超えない程度に栄養補給をしましょう。筋肉をつけて太りにくい身体になるためには、そのほうが効果的です。

<対策>
脚がだるくてつらくなったときには、じっとしているのではなく、歩いたり、ごく軽く超スロージョギングをするなど、脚を動かすほうが楽になります。脚を動かすと血流がよくなって、疲れた筋肉から老廃物が取り去られ、新鮮な酸素と栄養が運ばれるからです。

「疲れたのにさらに走るなんて!」と思うかもしれませんが、とてもよく効きます。だまされたと思って試してみてください。

血行をよくするという点では、入浴も効果的です。ぬるめのお湯につかりながら、脚の先から身体の中心に向かって、軽くマッサージするとなおいいでしょう。1回でよくならないときには、寝るまでに2度3度と繰り返し入浴するのもお勧めです。

ただし、普通の筋肉痛ではなく激痛がするような場合は、本格的にけがをしてしまっている場合があります。下手に動かしたり温めたりせずに、医療機関を受診しましょう。

« シューズの選び方(2) | トップページ | つま先着地は、つま先立ちではない »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/37819262

この記事へのトラックバック一覧です: 筋肉痛の予防と対策:

« シューズの選び方(2) | トップページ | つま先着地は、つま先立ちではない »