« 寒さ対策には、手袋がお勧め | トップページ | 歩幅を狭く、とびはねない »

2010年11月24日 (水)

速く走るか、量を増やすか

超スロージョギングが習慣になれば、だんだん最初の頃よりもさらに楽に走れるようになってくると思います。場合によっては、いつもの走り方ではもの足りなくなってしまうかもしれません。

そうなったら、もちろんレベルアップすればいいんです。徐々にレベルアップすることで、どんどん体力が向上してきます。

レベルアップには、いままでよりも速く走る方法と、量を増やす方法があります。

まずは、速度よりも量を増やすほうが、お勧めです。日常生活で疲れにくい体力を無理なくつけるのに役立ちますし、ダイエットにも効果的です。

もっとも、どうしても運動の時間を増やせない場合もあるでしょう。少し速く走っても全然息を切らさずに楽に走れるのであれば、少し速く走るのもいいと思います。

ただ、くれぐれも苦しくない範囲で走るようにしてください。また、速度が上がると、例え息苦しくなくても脚にかかる負担は大きくなります。間接や膝が痛むようなことが少しでもあれば、しばらく休む、再開してもペースを戻すなどしましょう。

量を増やすには、日常生活の中でエスカレーターをやめて階段を上がる、いままで自転車で行っていたところを歩くといった方法もあります。走ることに慣れれ ば、以前ほど階段をきついと思わなくなっているはずです。さっそうと階段を上がってみせればうれしくなるし、それがさらに体力アップにも、ダイエットにも つながっていきます。

« 寒さ対策には、手袋がお勧め | トップページ | 歩幅を狭く、とびはねない »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/37819425

この記事へのトラックバック一覧です: 速く走るか、量を増やすか:

« 寒さ対策には、手袋がお勧め | トップページ | 歩幅を狭く、とびはねない »