« フォームは、力を抜いて | トップページ | 膝をいためないためには(1) »

2010年11月24日 (水)

腕はふらなくていい

ジョギングやウォーキング方法の紹介では、よく「しっかり腕をふって!」と言われますよね。

でも、超スロージョギングでは、腕はふらなくてもいいんです。

ダイエットのために、できるだけ余計なエネルギーを使いたい!というのなら、やみくもにふりまわすのもいいでしょう。でも、ぶんぶん腕を振り回していると、疲れませんか?

そもそも、疲れてもいいからエネルギーをたくさん消費しようと思うのなら、どんどん速く走ればいいんです。でも、それでは疲れてしまって続かない。だか ら、ゆっくりにして、長い時間走るというのが、超スロージョギングのポイントです。ゆっくりでも、長時間続けるほうが、トータルでエネルギー消費量は多い からです。

ですから、超スロージョギングのときには、がんばって腕をふる必要はありません。かといって、ふってはダメというのでもありません。じっと動かさないようにしていたら、肩に力が入ってかえって疲れちゃいます。

肩の力を抜いて軽くひじをまげ、リズムをとるような感じで
、自然に揺れるにまかせるくらいがいいと思います。

« フォームは、力を抜いて | トップページ | 膝をいためないためには(1) »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/37818934

この記事へのトラックバック一覧です: 腕はふらなくていい:

« フォームは、力を抜いて | トップページ | 膝をいためないためには(1) »