« 速く走るか、量を増やすか | トップページ | 休養も大切 »

2010年11月24日 (水)

歩幅を狭く、とびはねない

ゆっくり走るのって、案外むずかしいようです。
超スロージョギングに慣れない方にゆっくり走っていただくと、歩幅を広めに、のっしのっしという感じで走る方が多いですね。「走る」というイメージが抜けきらず、動作だけゆっくりになるのだと思います。

でも、歩幅が広いままゆっくり走ろうとすると、リズムをとりにくく、バランスが悪くなってしまいます。
また、着地のときに脚にかかる衝撃が強くなり、足腰をいためやすくなります。

歩幅はあくまで狭く、また、なるべく上にとびはねないようにして、静かに軽やかに走ってみてください。地面をけらずに、脚を前に置いていくだけのような感覚です。

走る速さは超スローでも、のっしのっしではなく、トトトトトと、脚の動きはむしろ速めにするくらいがいいでしょう。

« 速く走るか、量を増やすか | トップページ | 休養も大切 »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/37819437

この記事へのトラックバック一覧です: 歩幅を狭く、とびはねない:

« 速く走るか、量を増やすか | トップページ | 休養も大切 »