« 膝をいためないためには(3) | トップページ | 坂道を上がるときのポイント »

2010年11月24日 (水)

腕をふりたいときは、ひじつきで

以前、超スロージョギングでは、腕をふらなくていいと書きました。

でも、走るのに慣れてくると、もうちょっとカッコよく走ってみようかな…と思うかもしれません。そういうときには、元気よく腕をふってみるのも、いいですね。

ただ、腕をふるのには、コツがあります。
実は、走るときには、腕は力を込めて前後にふっては、いけないんです。

力をこめて腕を後ろにふると、その反動で反対側の脚が前に出ます。
それが、推進力になります。
もし、力を込めて腕を前にふると、、、反対側の脚が、後ろ向きの力を受けます。
前に進むには、逆効果なんです!

腕をふるときは、後ろに向かってひじつきをするような感覚で、力をこめましょう。
前には、反動で自然に戻るにまかせます。

ちょっとだけ元気よく走ってみたいなと思ったら、試してみてください。
でも、もし息苦しくなったりしたら、ペースを落としたほうがいいと思います。
くれぐれも、無理をしない。だからこそ、超スロージョギングは楽しいんです。

« 膝をいためないためには(3) | トップページ | 坂道を上がるときのポイント »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/37819007

この記事へのトラックバック一覧です: 腕をふりたいときは、ひじつきで :

« 膝をいためないためには(3) | トップページ | 坂道を上がるときのポイント »