« 腕をふりたいときは、ひじつきで | トップページ | どれだけ走れば、どれだけやせる? »

2010年11月24日 (水)

坂道を上がるときのポイント

超スロージョギングのコツを飲み込めたら、平坦な道を走るのは怖くありません。

でも、急な上り坂はちょっときつい…ですよね。
あまり急な上り坂は避けて回り道をすればいいし、きついなと思えば、歩いてしまえばいいんです。
急な坂道は、歩いて登るだけでもけっこう激しい運動になります。

ただ、走ることに慣れてくると、できれば坂道も走ってみたいと思うかもしれません。
そんなときには、まず、坂道だからこそ、より歩幅を小さく、速度を落としてください。

それでもきつければ、腕を使ってみましょう。
腕ふりのところで、腕を後ろにふれば、反動で脚が前に進むと書きました。
実は、同じ要領で腕を下にふれば、反動で脚が上にあがりやすくなります!

具体的には、ちょっと腕を上にあげて、目の前の空気を上から下にひっかくような感じで、腕を下にふってみてください。
水泳の犬かきにも、ちょっと似た感じです。

脚の筋力が弱くても、腕を上手に使えば、楽に上がれるわけです。

ただし、腕をふればそれだけ激しく身体を動かすわけですから、より多くの酸素が必要になります。
だから、腕ふりをがんばりすぎれば、息は苦しくなりやすくなります。

苦しくてつらいと思ったら、やっぱり歩きましょう
気持ちよく歩いたり走ったりしているうちに体力がついてくれば、自然に坂道も楽に上がれるようになってきます。
無理して苦しい思いをしたからといって、すぐに体力がつくわけではありません。

楽で気持ちいいレベルの運動を長く続ける。それがいちばん重要です。

« 腕をふりたいときは、ひじつきで | トップページ | どれだけ走れば、どれだけやせる? »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/37819024

この記事へのトラックバック一覧です: 坂道を上がるときのポイント:

« 腕をふりたいときは、ひじつきで | トップページ | どれだけ走れば、どれだけやせる? »