« 1月9日のラン | トップページ | 1月11日のラン »

2011年1月10日 (月)

風が強い日に走るなら

きょうはけっこう風が強そうですね。寒いだけではなく、風が強い日に走るときは、別の対策も必要です。

まず、大きな川の河川敷とか畑の中の道、街中でも広い道路などは、できるだけ避けましょう。開けたところでは、どーんと風が吹き付けてきます。木の生い茂ったところとか、街中のちょっと細い道のほうが木々や建物が風をさえぎってくれます。

追い風で走ると自分が速くなったような気がしてとても気持ちがいいのですが、帰りは向かい風になるので大変です。追い風で走って行って、帰りは歩くか電車に乗るコースを考えてみるといいかもしれません。

帽子は防寒になり、頭を保護してくれる点でもかぶったほうがいいと思います。前にひさしがあるキャップをまぶかにかぶると、風が直接目に入るのも防げます。ただし飛ばされやすいので、スポーツ用の帽子止めクリップのようなものがあると安全です。ひもの両端にクリップがついていて、それぞれ帽子とシャツのえりもとなどをはさみます。

例えばこんなものです。
モンベル(montbell) ハットクリップ ダークマラード(DKMA) 1108218

それから、寒いときにはフード付きで風を通さないウィンドブレーカーを着ると快適です。フードをかぶって首元までジッパーをあげると、襟元に風が入ってこないので、あたたかく感じます。手頃なウィンドブレーカーがないときには、薄いタオルやスカーフで首元を守りましょう。

でも、あまりにも風が強くてまっすぐに立っていられないようなときは、あえて走らずにお休みするのも一つの手です。何ごとも無理をしないことが、継続のためには大切です。

« 1月9日のラン | トップページ | 1月11日のラン »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/38411644

この記事へのトラックバック一覧です: 風が強い日に走るなら:

« 1月9日のラン | トップページ | 1月11日のラン »