« 5月19日のラン | トップページ | 5月21日のラン »

2011年5月20日 (金)

日経TRENDYnet:はだし感覚シューズのレビュー

日経TRENDYnet:ランニングシューズは過保護!? 新トレンド“裸足感覚シューズ”はブレイクするか

ほんの数年前までは、「脚をいためないために、初心者は底が厚くて衝撃吸収力のあるシューズを履きなさい」というのが常識だったのですが、最近は少し変わってきました。「過保護なシューズでは筋力が弱るので、脚を過保護にしない裸足感覚のシューズがいい」というものです。

この記事は、その説明と、多数出ている裸足感覚シューズのレビューです。

衝撃吸収力か、裸足感覚か。私はどちらの主張もそれなりに正しいと思います。過保護にしすぎるとよくないけれど、保護が必要なときに保護しないで衝撃にさらしすぎるのもどうかな、と。そして、前にも別のところで書きましたが、故障防止にいちばん大切なのは、シューズ選びよりも走り方だと思います。衝撃を受けにくい走り方でじわじわ脚力をつけていくのがポイントで、その点、地面からの衝撃が少ない超スロージョギングは、無理せず脚を鍛えるトレーニングには、ピッタリです。

« 5月19日のラン | トップページ | 5月21日のラン »

ランニング情報」カテゴリの記事

コメント

いやほんまそうですね~~
シューズにあった走り方というか フォームというかと
そのシューズでたとえばロングを走るときと スピード練習するときのフォームとか
足の運び方 それぞれ変わるというか かえなあかんと思います~~最近(笑)

この前のシーズン レースで成果出せなかったので色々勉強しました~~(笑)

たけしたさん、こんにちは。
そうそう。どんなにいいシューズを履いても、ドシンドシンと走っていると、あぶないですよね。加えて、走る量や頻度も調整する必要があると思います。走れていると思っても、長距離走はじわじわ疲れがたまってきますからね~。

そうですよね~~
最近発見したというかなんというか~~~ですが

ペースを落としたら気をつけないと踵に負担がかかって痛くなるとか
スカイセンサーで60キロ疲れ無しに走る方法とか~~

スピード練習には 分厚い靴底のほうがええような感じをもつようになってきました~~

 初めて立ち寄ります。スポーツは大切だけど、リタイア年代はヒマもあるのでよく歩いていますが、歩き過ぎてヒザを痛める人も散見しますね。運動は、健康のためならほどほどがよい、が経験談です。備えがないと後々に影響もあるのでしょうね。とくに女性は、ね。トラックバックもさせていただきます。

村上剛一さん、こんにちは。

なにごともやりすぎはよくないですね。歩くだけではなかなか筋力がつかないので、やたらに長時間歩くよりも、無理のない範囲でスローステップ運動から超スロージョギングをやられたほうがいいこともあるかと思います。

トラックバックについては、申し訳ないのですが、この記事との関連性がほとんどないと思いますので、保留させていただきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/40057995

この記事へのトラックバック一覧です: 日経TRENDYnet:はだし感覚シューズのレビュー:

« 5月19日のラン | トップページ | 5月21日のラン »