« 7月4日のラン | トップページ | 7月6日のラン »

2011年7月 6日 (水)

暑い時期に走るには

いよいよ暑くなって来ました。正直言えば日本の夏は暑すぎてジョギングには向かないのですが、せっかくついた運動習慣は、維持したいものです。これまでも無理しないことをお勧めしてきましたが、これまで以上に無理をしないで、のんべんだらりと走りましょう。

暑いときの対策で、いちばん重要なのは直射日光を避けることだと思います。気温が同じでも、強い陽射しを受けると強い暑さを感じます。帽子をかぶっていても、陽射しの中を走るのは危険。公園など木陰のある場所を選んで走りましょう。近所に適当な木陰がないときは、街中のビル陰や家陰でもいいんです。夕方など、南北方向に走る道路の西側なら、ほとんど陽があたりません。

服装は、なるべく涼しく。日焼けをおそれて夏場でも長袖・長ズボンで走る人をみかけます。通気性がある夏用のスポーツウェアなら、それもいいでしょう。でも、綿の長袖シャツなどは、やはり暑いので避けましょう。上はタンクトップ、下は短パンが、涼しいと思います。

水分補給も大切です。走り出す前に、コップ1杯の水を飲んでいくといいでしょう。そして、できれば20分おきくらいにコップ1杯分くらいずつ、水分を補給するようにしましょう。走り終わったあとも、「もう飲みたくない」と思うくらいまで、積極的に飲んでください。喉のかわきを感じていなくても、かなり脱水が進んでいることがあります。

何時間も外にいて大量の汗をかくときには、塩分補給も必要です。それから、酸っぱいものは疲労回復に役立ちます。スポーツドリンクでもいいですが、走ったあとに麦茶にキュウリのぬか漬けや梅干しをいただくと、最高においしく感じます。

« 7月4日のラン | トップページ | 7月6日のラン »

超スロージョギングの走り方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1438098/40697212

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い時期に走るには:

« 7月4日のラン | トップページ | 7月6日のラン »