« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

11月30日のラン

5.69 km走りました。詳細はこちら
(私は、自分が気持ちいい速度で走っています。超スロージョギングでは、もっとずっとゆっくりでも大丈夫。自分が楽な速さで走りましょう。)

神戸マラソンのあと、しばらく休養しましたが、今日は買い物ついでに少し走ってみました。超スロージョギングで、姿勢を正しく保つように気をつけて走ると、膝への負担も少ないようです。特に問題なく、走ることができました。

上野公園は、秋から冬へと変わってきたようです。

1130_11130_2


2011年11月25日 (金)

『スロージョギングで人生が変わる』

2009年放送のNHK『ためしてガッテン』で有名になったスロージョギングの提唱者、田中宏暁先生の著書です。

スロージョギングなら90代の高齢者でさえ走れること、なぜスロージョギングがいいのか、どんな効果があるのか、安全で効果的な走り方について、これまでの研究成果や市民ランナーとしての自身の経験、初心者への指導経験などをもとに、詳しく解説されています。

はじめて走る人はもちろん、LTペースのことや安全で効率的なランニングフォームなど、故障が多く伸び悩んでいる経験者も一読の価値はあるでしょう。

実は、本書の制作を私もお手伝いさせていただきました。科学的知見を知ることができ、とても勉強になりました。スロージョギングやランニングについて知るために、とても役立つ1冊になっていると思います。

ビギナー向けの素朴な疑問解消や継続方法については、拙著『ゆっくり走れば健康になる〜 超スロージョギング入門』も、引き続きよろしくお願いいたします。運動が苦手だった人でも楽しく走れるようになる考え方などを紹介しています。

2011年11月23日 (水)

11月23日 超スロージョギング体験会報告

11月23日、超スロージョギング体験会を実施しました。

今回の参加は5名とコンパクトながら、はじめての方も2人、ご参加いただきました。どうもありがとうございます。

1123走った距離は、約3.6km。時間は51分36秒でした。時間が大幅に伸びてしまった申し訳ありません。ペースを見て距離を少し短くするなど、調整すればよかったかなと思っています。

上野公園では、青い空と紅葉がきれいでしたね。

次回は12月17日を予定しております。興味がある方は、お気軽にご参加ください。


2011年11月22日 (火)

11月20日 神戸マラソン完走

11月20日に開催された神戸マラソンを完走しました。

詳細は、こちら。スタート時刻が9時16分になっているのは、実際に走りはじめるまでNike+をスタートできなかったためです。スタートロスは約17分でした。また、距離がやや長いのはNike+の誤差+スタート地点までの移動距離約0.5kmです。

大阪マラソンでいためた左脚が完治していなくて気になりましたが、15kmくらいまでは痛まずに済みました。また、15kmくらいで一時少し痛んだのですが、その後、あまり気にならなくなりました。走り終わったあとはやはりダメージが残りましたが、大阪マラソンのときよりも予後がいいようです。

大阪マラソン後、休養中心で練習はあまりできなかったのですが、無理をしなかったおかげか、大阪マラソンがいい長距離練習になってくれたようです。関門を気にせずにのんびり走ったせいかタイムはネットでも6時間を少し超えてしまいましたが、大阪マラソンのときよりは30分くらい早くゴールできました。また、後半は少々脚がつらくて歩いたり走ったりになりましたが、最後まで楽しく走れました。

今回、かなり風が強かったものの直接正面や横から風を受けることはあまりなく、かえって追い風で特をするところが多かったように思います。それ以外は天候は走るには最高で、マラソン日和でした。これまで知らない街をあちこち走ってきましたが、知っている街を走るのはまた別の喜びがありました。実家のすぐそばをコースが通るため、家族があちこちで応援してくれたのもうれしかったです。

1120須磨から垂水にかけての国道2号線は何度も走ったことがありますが、その他も景色は予想通り素晴らしく、ながめを楽しめました。特に35km以降に自動車専用道を通ったときには、普段は見ることができない絶景を満喫できました。乗用車は車高が低いので、2階建てバスにでも乗らない限り、このながめは見られないと思います。神戸マラソンを走るランナーとボランティアスタッフだけの特権ですね。自動車専用道で一般の応援は立ち入れないのですが、一定の間隔でボランティアスタッフが応援してくれて、はげみになりました。

ボランティアスタッフや応援の人が明るく親切で、案内表示などにも工夫がみられ、とてもいい大会だったと思います。曲がり角がちょっと多くて前方は混雑したようですが、ビギナーがのんびり走るぶんには、問題ないでしょう。ただ、1つだけ、6時間でゴールするくらいのペースで走っていると、中盤の20km~35kmくらいのエイドで食べ物や水が品切れしていることがかなりありました。来年は、この点だけはぜひ改善していただきたいものです。

2011年11月16日 (水)

11月15日のラン

7.15 km走りました。詳細はこちら
(私は、自分が気持ちいい速度で走っています。超スロージョギングでは、もっとずっとゆっくりでも大丈夫。自分が楽な速さで走りましょう。)

1115_2
遅くなってしまったところで、清澄庭園でライトアップをしていることを思い出しました。ライトアップを見に行くには、ちょうどいい時間帯です。1時間程度走ろうと思っていたのですが、まっすぐ行ってしまうと近すぎるので、少し遠回り。最後に清澄庭園の周りを1周して、だいたい1時間になりました。

ちょっと違和感はあるものの、特に痛まずに1時間走れるので神戸マラソンは安泰…と思ったのですが、油断してアイシングをしなかったら、翌日に脚が突っ張っていました。これはまずい。1日休んで、最後にもう1回走ろうかと思っていたのですが、あとは休養とステップ運動だけにしようかと思います。

大阪マラソンから3週間。休養と回復が必要ですが、休みすぎると筋力が落ちそうだし、むずかしいところ。休みながら少しずつ走ってきて、ぎりぎりといった感じです。10kmはおそらく問題なく走れると思うのですが、最後までもってほしいものです。

2011年11月12日 (土)

11月12日のラン

7.65 km走りました。詳細は、こちら
(私は、自分が気持ちいい速度で走っています。超スロージョギングでは、もっとずっとゆっくりでも大丈夫。自分が楽な速さで走りましょう。)

一昨日は、後半左膝付近が痛くなってきたのですが、今日はやや違和感があるものの、痛みは感じずに走れました。走ったあとで、今日3回目のアイシングとバンテリン。大阪マラソン前よりもまだペースはゆっくりですが、1時間くらい楽に走れるようになって来ているので、神戸マラソンはなんとか出走は問題なさそうです。

大阪マラソン少し前の10月前半頃は、やや調子がよくて、練習のペースが速くなってしまっていたと思います。1時間くらいは楽に走れていても、余分な負担がかかるので、トレーニングのためには、いまくらいのペースで走った方がいいですね。気をつけて速くならないようにしたいと思います。

走りながら聴ける、一体型ヘッドホン

走りながら音楽を聴いたり、英語の勉強をするのもいいですね。私も、たいていは何か聞きながら走っていますが、ケーブルがじゃまになるのと、人に話しかけられたりしたときにとっさに音を止めるのが面倒です。

ヘッドホン一体型のウォークマンがあるという話を友達がネットで話題にしていて、「これはいい!」と思いました。

1万円を切って値段も手頃。でも、ちょっと出費が大きいかなあと思っていろいろ探してみたら、こんなのがありました。

私は第二世代のiPod shuffleを持っていますが、最近はiPhoneで聞くことが多く、ほとんど使っていませんでした。このヘッドホンは2010年型専用ということですが、第二世代でも使えたというレビューがあるので、さっそく買ってみました。第二世代ではクリップで留めたときに少しだけ浮いた状態になりますが、特に問題ないでしょう。音はクリアに聞こえます。これはいい! 耳元でちょっとさわるだけでオン/オフできるし、慣れれば音量調節も可能です。

2011年11月11日 (金)

11月23日、超スロージョギング体験会を実施します。

11月23日(祝)、午前10時より、上野公園周辺で超スロージョギング体験会を実施します。
詳細とお申し込みはこちらへ。

どなたでもお気軽にご参加ください。

11月10日のラン

8.19 km走りました。詳細はこちら
(私は、自分が気持ちいい速度で走っています。超スロージョギングでは、もっとずっとゆっくりでも大丈夫。自分が楽な速さで走りましょう。)

大阪マラソン後、はじめて1時間走ってみました。上野公園から谷中方面のいつものコースです。

身体の重さはだいたい解消されましたが、後半、左下腿内側が少し痛くなってきてしまいました。さいわい大きなダメージがある感じはしないのですが、まだ多少炎症が残っているようなので、アイシングをしっかりしています。

2011年11月 9日 (水)

11月9日のラン

1.76 km走りました。詳細はこちら

きょうは千葉市美術館に「酒井抱一と江戸琳派の全貌展」を見に出かけました。半日つぶれてしまったのと、8000歩くらい歩いたので走らなくてもいいかと思ったのですが、メール便を出しに行く用事ができたので、ついでに少し走りました。

まだ大阪マラソンの疲れが残っているので、完全復帰はしないことにしています。膝の不安もあるので、無理にトレーニングすると、神戸マラソンがかえって走れなくなりそうです。

2011年11月 8日 (火)

11月7日のラン

大阪マラソンから1週間は完全休養と決めていました。1週間経ったので、無理がないようにゆっくり走ってみました。

Nike+の記録によれば3.66kmでしたが、地図で測ったところでは4.26kmでした。途中で何度かNike+の表示がブランクになることがあり、うまく計測できなかったようです。自分では普通のつもりでしたが、走り方が少しおかしかったのかもしれません。

走った時間は37分40秒で、地図計測からすれば8分51秒/kmです。自分ではちょっとゆっくりめくらいのつもりだったのですが、思ったよりも遅くなっていました。疲れがまだ抜けきっていないようです。

2011年11月 4日 (金)

DVD『人は走るために生まれた~メキシコ山岳民族・驚異の持久力~』

人は走るために生まれた ~メキシコ山岳民族・驚異の持久力~ [DVD]

BORN TO RUN』にも登場するメキシコの山岳民族ララムリのランナーたちを追った88分間のドキュメントです。

ララムリの普段の生活や、ララムリ独特のボールを蹴りながら走る競技ララヒッパリについて、映像で見られるのはとても興味深かったです。

裸足のときとランニングシューズを履いているときの着地と衝撃の違いについて、かなりはしょった感じはありますが、リーバーマン博士のインタビューやスローモーションの映像でしっかりわかるのは面白いですね。

途中のララムリと日本人との身体測定は科学的にはあまり意味がなく、どうかなと思いました。普段、おそらく垂直跳びをしたことがないララムリに対して垂直跳びの成績を「脚力」と呼んでみたり、正確な速度がわからない中、2kmを1回走っただけの前後で乳酸値を測って比べたり…意味がありません。1つだけ、高地のためが日本人の心拍数が走る前に90台なのにララムリは60台というのが、なるほどと思いました。

厳密に科学的な検証やがっちりしたノンフィクションを期待すると、ちょっとがっかりするかもしれません。でも、ララムリの生活ぶりや走りを映像で見られると思えば、興味がある人には見る価値があるでしょう。Amazonでは25%オフで3000円しませんから、コストパフォーマンスは悪くないと思います。

私が面白いなと思ったのは、ララピッパリは蹴りながらみんなで長距離を走る競技なのですが、45kmに7時間もかけていたことでした。ボールを蹴りながらだし、コースは山道だし、ボールがコースからそれたらがけの下まで追いかけていって蹴って戻すなど、ロスが多いのでしょう。DVDでは「ペースが一定しないのでフルマラソンよりきつい」などと紹介していましたが、健脚ランナーがフルマラソンの感覚で45kmを走れば、3時間から遅くても4時間で走ってしまうのではないでしょうか。ペースを変えながら、平均的にはかなりゆっくりの速度で長く走り続けることが、よいトレーニングになっているのではないかと思いました。


10月30日 大阪マラソン完走

10月30日に開催された大阪マラソンを完走してきました。

Nike+の記録はこちら
スタートが9時3分になっているのは、スタート時刻を過ぎても後方は動きがなく、Nike+は動きがないとスイッチオンにできなかったためです。また、時計は約2分遅れていたので、実際にスイッチが入ったのは9時5分頃だったと思います。スタートブロックはJ、スタートロスは視認で13分弱でした。

ゴールしたのは6時間44分くらいで、スタートロスを除いても6時間半くらいかかりました。疲れを残さないためにゆっくり走ろうと思ってはいましたが、これまでの私の記録からは少し遅すぎです。通常は中間点までは楽に走れるのですが、今回は16、7キロくらいから調子がよくなく、20kmになる前から、少しずつ歩いたり止まってストレッチをしたりするようになってしまいました。

練習は最低限していたつもりでしたが、考えてみると3月の佐倉マラソンが中止になったことなどもあり、フルマラソンを走るのはほぼ1年ぶり。これまで大会がいい練習になっていたのかもしれません。また、少し前から仕事が立て込んで、大阪マラソンに出かけるために、数日はかなり睡眠不足の状態でした。それから、途中から10日ほど前の左膝の故障がぶりかえし、走るぶんには痛みはないものの、曲げ伸ばしが不自由で疲労回復のためのストレッチができなくなりました。いろいろ原因は考えられますが、ともかく調子は悪かったと思います。

ただ制限時間が7時間なので、途中関門もゴールもかなりの余裕があり、まったく無理をせずにすみました。そのおかげか、最後は雨の中を走りながらも、つらいという感覚はほとんどなく、楽しんで走れました。

トレーニングはもう少ししたほうがいいし、大会前は体調を整えたほうがいいとは思います。でも、やっぱり無理をせずにゆっくり走るのはいいですね。トレーニングも、最近、私としては少し速く走り気味だったのですが、もっとゆっくりじっくり走るようにしていこうと思います。

2011年11月 2日 (水)

10月26日~28日のラン

10月26日 1.29 km走りました。詳細はこちら
10月27日 1.46 km走りました。詳細はこちら
10月28日 1.22 km走りました。詳細はこちら

30日の大阪マラソンに行く前に仕事を片付ける必要があり、走っている時間がほとんどなくなりました。そこで、ちょっとした気分転換代わりに10分くらいずつ家の周りを走ることにしました。ごくゆっくり10分程度なら、汗もかかないので着替えも必要ありません。

このくらいでも、走ると身体は楽になり、頭もすっきりするようです。でも、運動量としてはやはり足りないみたいです。これを1日に3回とか5回とか実行できるともっといいのでしょうが。

ただ、まったく動かないでいると、肩はこり腰は痛くなって、頭もぼんやりしてきます。「忙しくて走っている暇なんかない!」という人も、仕事の能率を上げるためにも試してみてはいかがでしょう。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »